« 登記地積が実測より大きいときは・・? | メイン | 土地と建物を区分するコツとは? »

会社の制服には社名を入れよう!

【質問】


当社では、式典や社内行事の際に着用する制服(スーツ)を定めて、従業員に支給しようと考えています。


スーツの制作費用を福利厚生費とするには、どのような点に注意すればよいですか?


【回答】


福利厚生費にできるかどうかの基準は、制服の外見から、その会社の従業員であることが分かるようなものであるかどうかにあります。


もし、支給された制服が、一見してその会社のものとは判別できず、勤務場所のほかプライベートでも着用できるようなものであれば、“現物給与”として所得税の課税対象となってしまいます。


そこで、判定が難しいような制服には、社名や会社のロゴマークを入れるなどして、自社の従業員であることが分かるようにしておくとよいでしょう。


大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年08月06日 16:40に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「登記地積が実測より大きいときは・・?」です。

次の投稿は「土地と建物を区分するコツとは?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。