« 繰延資産を上手く活用 | メイン | 会社の制服には社名を入れよう! »

登記地積が実測より大きいときは・・?

【質問】


先日当社の本社工場の周囲を実測したところ、登記簿に記載されている地積よりもかなり小さいことが判明しました。


放置しておくとどんなデメリットがあるのでしょうか?


【回答】


固定資産税評価額を求める場合の地積は、原則として土地登記簿に登記されている地積によることになっています。


ところが、昔から所有しているような土地については、御社のように登記地積の方が現況地積よりも広い、いわゆる“縄ちぢみ”のケースが多いようです。


固定資産税を少しでも安くするため、土地登記簿の面積を早めに訂正することをお勧めします。


大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年07月23日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「繰延資産を上手く活用」です。

次の投稿は「会社の制服には社名を入れよう!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。