« 従業員の給与を未払計上 | メイン | 繰延資産を上手く活用 »

結婚は年内に、離婚は翌年にしよう!

【質問】


個人的なお話で恐縮ですが、現在交際中の女性と結婚を決意し、去る12月1日に正式に婚約しました。


入籍はなるべく早い方がよいかとも思うのですが、挙式・披露宴は翌年に予定していることもあり迷っています。


税務上の観点からは、早く入籍した方がよいとも聞きましたが、何か特典があるのでしょうか?


【回答】


所得税の配偶者控除や配偶者特別控除を受けられるかどうかは、12月31日現在に配偶者がいるかどうかによって決まります。


また、税務上の配偶者とみなされるには、内縁関係では認められませんので、婚姻届を出すなら12月中に出しておいた方がよいのではないでしょうか。


逆に離婚届を出すなら、翌年の1月になってからの方がよいでしょう。たとえ翌年の1月1日に離婚しても12月31日現在で籍があれば、その年には配偶者控除が受けられます。


大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年07月17日 13:38に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「従業員の給与を未払計上」です。

次の投稿は「繰延資産を上手く活用」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。