« 販促費用と認められるにはどうすればいいの? | メイン | 消耗品の大量購入は節税になる? »

不要な固定資産の廃棄

【質問】

当社の固定資産台帳をチェックしたところ、不要な物やすでに使用不可能な機械工具が計上
されていましたが、費用計上できますか?


【解答】


決算が近づいてきたら、まず固定資産台帳や減価償却明細と保有している固定資産等を
照合しましょう!

既に廃棄済や、使用不可能な機械装置、工具、器具備品を廃棄した場合については、固定資産
除却損が計上できます!

このように不要な資産等を廃棄する場合において、廃棄の事実を証明出来るようにしておくことが
大切です。

●廃棄を証明できる資料について

 ・産業廃棄物業者の証明書
 ・廃棄した資産の写真
 ・廃棄することになった要因等の稟議書
 ・廃棄資産の運賃等の請求書など


大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税


About

2007年06月06日 19:05に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「販促費用と認められるにはどうすればいいの?」です。

次の投稿は「消耗品の大量購入は節税になる?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。