« 交際費になるの? | メイン | 自宅の家賃・光熱費が経費になる? »

契約書のコピーに印紙税はかかるの?

【質問】


請負契約を結ぶのに、契約書の原本を「2通」作成しそれぞれ印紙を貼ってお互いに保管するのですが、相手側から原本は1通でそのコピーを取り対応出来る・・・と言われました。
本当ですか?印紙税はどうなるのでしょうか?

【回答】


請負契約などの契約書は、2通以上作成して関係者がそれぞれ保管をします。
印紙税という面からだと、文書1通につきそれぞれ「印紙」を貼ることになります。


もし、同じものが2通以上作成された場合には、それぞれに収入印紙を貼らなければなりません。
(印紙税は、「契約の成立」を証明する文書に課税する税金だからです。)


ご質問の様に、契約書を1通だけ作成し、収入印紙を貼り付け これを「正本」として複写機でコピーしたものは単なるコピーですから 収入印紙を貼る必要はありません。

そして必ずしも契約書を2通作らないといけないという法的な根拠はありませんから、1通でも構わないと言えるでしょう。

実質的に当事者の一方しか必要としない契約書の時は、相手側が言うようにコピーでも十分ですし、印紙税を節約できることになります。


大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年05月18日 18:09に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「交際費になるの?」です。

次の投稿は「自宅の家賃・光熱費が経費になる?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。