« 社員旅行は経費になるの? | メイン | 在庫一掃セールが節税に? »

修繕費に認められる為には?

【質問】


当社は、不動産管理業を営んでいます。今期、業績が好調なので自社ビルを修繕することにしました。支払った金額は、全額経費として処理しても良いのでしょうか?


【回答】


会社が所有している資産について、修繕を行った場合 処理の方法は2種類あります。

『修繕費』で処理する方法と、『資本的支出』で処理する方法です。


◆修繕費:資産の現状を回復し、維持する為の費用。一括で損金計上することが出来ます。
◆資本的支出:資産の価値を増加させたりする支出のことで、固定資産の取得原価に加えて減価償却をしていくことになります。


節税ということを考えると、出来るだけ「修繕費」で計上したいところですよね。

でも実務上では、修繕費か資本的支出か判定が難しいことはよくあることです。
ですので、次のような形式基準が設けられています。


①20万円未満→全て修繕費
 20万円未満の支出については、無条件で「修繕費」として処理することが出来ます。これは覚えてお くと便利です!


②3年以内の周期の修繕→全て修繕費
 この条件を満たすには、以前に行った修繕が3年以内であることが証明できるかどうかです。以前行った修繕の見積書・請求書などを保管しておくとよいでしょう!


③60万円未満の修繕
 これは「修繕費」か「資本的支出」かの判断がどうしても困難な時にのみ、使える基準です。
 ・60万円未満のもの→全て修繕費
 ・前期末の取得価額の10%以下の支出→全て修繕費

 
これらの判断基準を意識しながら、注意して実施したいものです。


大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税

About

2007年05月11日 19:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「社員旅行は経費になるの?」です。

次の投稿は「在庫一掃セールが節税に?」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。