« 住宅は会社名義で買った方がオトク? | メイン | 通勤手当の非課税枠を上手く利用しよう! »

法人税って高くないの?

【質問】


会社設立を考えていますが法人税は高いのにそれでも
節税になるのでしょうか?


【解答】


まず節税を考える上である程度の税の知識を持たなければうまい節税はできません。

それでは会社と個人の税率の違いを比較してみましょう!


一般的に法人税と言っても会社が支払うべき税金には【法人税・法人事業税・法人府民税・法人市民税】で構成されています!

この全てを税率で考えると30%~41%、そして個人では【所得税・市府民税】で構成され15%~50%となります。また事業をされている人については【事業税】として5%も課税されます。


■個人の税率は幅広く所得に応じて段階的に高くなっています、それに比べ法人税では高い水準でほぼ一定となっているのは税率の違いで良く分かると思います。


この税率の壁を利用して節税が可能になるのです。


つまり法人税の税率を越えるまでは個人で役員報酬として取る方が給与所得控除が利用でき節税に繋がるのです。

業務実態があるのであれば親族を役員に加え適正報酬を支払い所得の分散をすればより効果的に節税が出来るのです!

大阪の税理士・会社設立支援のベンチャーサポート 総合会計事務所 へ

About

2007年04月04日 09:00に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「住宅は会社名義で買った方がオトク?」です。

次の投稿は「通勤手当の非課税枠を上手く利用しよう!」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。