« 飲食代が交際費じゃなくなる? | メイン | 青色申告のススメ »

払いすぎた印紙税は還付請求で返ってくる!!

【質問】

先日、うっかり印紙貼らなくても良い文書に印紙を誤って貼ってしまいました。
消印も既にしてしまったのですが、この印紙代・・・返してもらうことは出来るのでしょうか?

【回答】


はい。
還付請求を行えば、返ってきます。


印紙税は、「契約書」「手形」「領収書」など、様々な文書に対して課せられる税金です。
決められた金額の収入印紙を文書に貼り付け、消印をすることで納付を行うものなのです。


今回の様に、「印紙税のかからない文書に収入印紙を貼ってしまった」「決まっている金額よりも多く収入印紙を貼ってしまった」ということはよくあります。

消印をする前であれば、はがしてもう一度使うことが出来ます。

でも、今回の様に消印をしてしまっても返してもらうことが出来るのです。

税務署に用意されている「印紙税過誤納確認申請書」に必要事項を記入し、印紙税を貼り間違えた文書と一緒に、所轄の税務署に提出をしましょう。

還付金は、一ヶ月程度で指定した口座に振り込まれます。

大阪の税理士 法人税 節税 会社設立 会計 所得税 消費税


About

2007年04月20日 19:44に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「飲食代が交際費じゃなくなる?」です。

次の投稿は「青色申告のススメ」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。